アメリカを先頭として多くの先進国ではカジノが一つの文化として大きく人々の生活に繋がっています。一昔前のカジノというと地方のパチンコ屋の様な少し陰気臭い雰囲気があり(私はそれが好きだったのですが)、若い人が気軽に遊ぶという雰囲気でも無かったのですが、ここ10年くらいでガラッと変わり老若男女多くの人々の姿が垣間見えます。ラスベガスだけではなく他の州でも次々とカジノを合法化・商業化していく流れも起きています。当然、それに伴って業界の成長具合も素晴らしく、金額で見ても明らかです。そんな激アツな業界に飛び込んで一攫千金を狙いたいという鼻息の荒いそこのあなた!早まる気持ちも分かりますが、どんな物事にも下準備が必要です。まずは開業資金ですが、ここまで読んで下さっている方はお金には困っていないか、興味本位で読んで下さっている方々だと思うので割愛します。

まずは成功者から学ぶと分かりやすいはずです。商業的に成功しているカジノの多くは独自でSNSマーケティングをしっかり行っており、それのおかげもあって多くの若い年齢層のユーザーをたくさん獲得しています。そういったテクノロジーを使った見せ方は今やオプションでは無くマストになりつつあります。

ソーシャルメディアの中でも、ライブ機能が充実しており、生の臨場感をSNSを通して見せる事が出来るプラットフォームは、より効果的な集客力が見込めます。カジノによっては独自のYouTubeチャンネルまで運営しているところもあり、コンテンツが結構面白いと好評で、巷ではかなりバズっているそうです。そこで以下にて、お勧めのSNSマーケティング戦略を3つに絞って挙げてみましたので、早速チェックしていきましょう。

Facebookユーザー向けの有料広告 – Facebookも今やインターネットにおいて巨大な広告塔になりました。そんな知名度もユーザーの数もダントツで高いFacebookに掲載料を支払う形でビジネスの宣伝をしてもらえるという物です。

スマホユーザー向けのお店作り – カジノに訪れる最も大きなメリットは当然、ギャンブルゲームで勝って得られる賞金でしょう。しかし残念な事に、カジノに来る全員がその賞金を獲得出来る訳ではありません。そこで、賞金以外にも『来て良かった』さらには『ここを選んで良かった』と思われる様なカジノ作りを目指すべきです。SNSに夢中になっている若い年齢層のユーザーが増えたのならば、どこでもスマートフォンを充電出来る充電ポートや安定したWiFi環境を設置するのもいいかもしれません。

大きなイベントはとにかく宣伝 – 大きなイベントにはお金もかかります。せっかくお金をかけたのならば集客や出来るだけコストを抑えて行うことも不可能ではありません。日頃より数百万人を超えるフォロワーを抱える様なインフルエンサーならば、一言呟けば皆が反応する様な世界なのです。ですので、SNS上での影響力を付ける事はビジネスにとってはとても有益な事なのです。